新潟県弁護士会

声明・意見書

2021年06月11日|声明・意見書

2021.06.08 重要土地等調査規制法案の廃案を求める会長声明

 本年6月16日に会期末を迎える通常国会において、「重要施設周辺及び国境離島等にお
ける土地等の利用状況の調査及び利用の規制等に関する法律案」(いわゆる重要土地等調査
規制法案。以下「本法案」といいます。)が本年6月1日の衆議院本会議で可決され、現在、
参議院で審議されています。
 本法案は、内閣総理大臣が、「重要施設」の敷地の周囲おおむね千メートルの区域等を
「注視区域」、「特別注視区域」として指定し、これらの区域内にある土地及び建物(以下
「土地等」といいます。)の利用状況を調査し、土地等の利用者が当該土地等を重要施設等
の機能を阻害する行為の用に供し、又は供する明らかなおそれがあると認めたときは、土地
等の利用者に対し、利用中止等の勧告や命令を出すとともに、調査や命令に応じない場合に
刑事罰を科すものです。
 しかし、本法案は次に述べるとおり国民の基本的人権を脅かす重大な問題をはらんでいま
す。

1 刑事罰の対象となる行為が不明確で広範となるおそれがあること
  本法案は、①注視区域内にある土地等の利用者に対する命令違反、②特別注視区域内に
 おける土地等に関する所有権等の移転等の届出義務違反、③土地等利用状況調査のため
 の報告懈怠や虚偽報告等に刑事罰を科すとしています(本法案25条ないし28条、8
 条、9条、13条)。
  しかし、刑事罰の対象となる行為の概念や定義がいずれも極めて曖昧です。
  まず、内閣総理大臣が指定する「注視区域」は、「重要施設」の敷地の周囲「おおむね
 千メートル」という広範囲になりうるものです(本法案5条1項)。そもそも、「重要施設」
 には政令で定める「生活関連施設」も含むとされていることから(本法案2条2項3号)、
 恣意的な解釈で電気、ガス、水道、交通、情報通信、金融、医療といった重要なインフラ
 は何でも広く含まれることとされかねません。これら「重要施設」の敷地の周囲「おおむ
 ね千メートル」の注視区域内の土地等の利用者が当該土地等を「重要施設」の「機能を阻
 害する行為」に供し、又は「供する明らかなおそれがあると認めるとき」という曖昧な要
 件の下に、内閣総理大臣の勧告や命令の対象となります(本法案9条)。
  次に、内閣総理大臣は、「注視区域」に係る「重要施設」が「特定重要施設」(重要施設
 のうち、その施設機能が特に重要なもの又はその施設機能を阻害することが容易であるも
 のであって、他の重要施設によるその施設機能の代替が困難であるものをいう。)である
 場合には、「特別注視区域」として指定することができますが(本法案12条1項)、施設
 機能が「特に重要なもの」、施設機能を「阻害することが容易であるもの」の意味すると
 ころも不明確です。
  さらに、土地等利用状況調査の対象者は注視区域内の土地等の利用者のみならず「その
 他の関係者」にも及ぶ上、対象者のどのような情報の提供を求めるのかも本法案では明記
 されておらず政令に委ねられています(本法案7条、8条)。
  このような広範かつ曖昧な要件の下になされる命令や報告の徴収等に服することを刑罰
 をもって国民に強いることは、国民の自由を萎縮させるものであり、刑罰の対象は明確で
 なければならないという罪刑法定主義(日本国憲法31条、市民的及び政治的権利に関す
 る国際規約(自由権規約)9条)に反するおそれがあります。
2 国民の基本的人権を侵害する危険性があること
  本法案では、内閣総理大臣が地方公共団体の長等に対し、注視区域内の土地等の利用者
 等に関する情報提供を求めることができるとされていますが、その範囲は政令に委ねら
 れています(本法案7条)。そのため、政府は、注視区域内の土地等の利用者等の思想・
 良心や表現行為に関わる情報も含めて、広範な個人情報を、本人の知らないうちに取得
 することが可能となります。具体的には、例えば、沖縄県の辺野古新基地の建設地や全
 国の原発関連施設の周辺での市民活動に対する監視に利用される懸念もあります。国民
 の思想・良心の自由、表現の自由、プライバシー権などを侵害する危険性がある法案だ
 といわざるをえません。
  また、特別注視区域内の一定の土地等の売買等契約について、内閣総理大臣への届出を
 義務づけ、違反に刑罰を科すとしている点(本法案13条、26条)も、過度の規制に
 よる財産権侵害につながる危険があります。
3 立法事実(法律制定の必要性や正当性を裏づける事実)がないこと
  政府は、本法案の目的は自衛隊や米軍基地等の周辺の土地を外国資本が取得してその機
 能を阻害すること等の防止であると説明しています。しかし、これまでにそのような土
 地取得等により重要施設の機能が阻害された事実がないことは政府自身も認めており、
 そもそも立法事実の存在に疑問があります。

 よって、当会は、基本的人権の擁護を使命とする弁護士が構成する団体として、本法案に
反対し、政府及び国会に対し本法案の廃案を求めます。

                      2021年(令和3年)6月8日
                          新潟県弁護士会
                           会長 若 槻  良 宏

連絡先・交通アクセス

新潟県弁護士会 新潟相談所

新潟県弁護士会

〒951-8126
新潟県新潟市中央区学校町通1番町1番地
TEL.025-222-5533TEL.025-222-5533詳しい情報を見る

交通アクセス

バス:新潟駅万代口から中央循環線バス乗車、市役所前下車。バス停より300m。
車:新潟駅から約10分。

  • 弁護士を講師として呼ぼう!弁護士派遣制度
  • ひまわり基金運営委員会 人権賞
  • 子どもの悩みごと相談 毎週月・木 16〜19時
  • 中小企業の法律相談はひまわりほっとダイヤルへ
  • twitter @mamorun2014
  • ひまわりお悩み110番 0570-783-110
  • ストップ、えん罪!
  • 司法修習生の方へ
  • 東口日本大震災の被災者の皆様へ
  • 新潟県弁護士会住宅紛争審査会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 公益財団法人 日弁連法務研究財団
  • 関東弁護士会連合会
  • 2016年1月16日 防災シンポジウム 動画によるご紹介
  • 2016年1月16日 防災シンポジウムご報告
  • 弁護士になろう!
<